食べても太らない栄養の摂り方

体の中を燃やして代謝をアップさせてくれる着火食材!

 

食事を摂ると体が熱くなり、食べるだけでエネルギー代謝を

 

する食事誘導熱産生という働きがあります。

 

 

この機能は褐色脂肪細胞を活性化させれば、

 

エネルギーを浪費するようなり、太りにくくなります。

 

 

 

さて、女性は男性より褐色脂肪細胞が多く

 

より食事誘導熱産生の効果が期待できます。

 

 

褐色脂肪細胞は年齢を重ねると働きが弱くなります

 

しかし嬉しいことにこの細胞自体の代謝が期間が短く、

 

交感神経に刺激を与えることで量が増え、活性化させることも

 

可能なんです!

 

 

 

さらに脂肪が貯めこまれている白色脂肪組織の中には、

 

褐色脂肪細胞になることができる前駆細胞が存在します。

 

 

実験でカプシノイド摂取し続けて交感神経を刺激して、白色脂肪細胞組織を

 

褐色脂肪細胞に変えることができたことが確認されています。

 

 

 

上記の実験のように交感神経を刺激する食材を、食事の中に

 

加えることで、褐色脂肪細胞が活性化して代謝がアップする

 

ことが期待されます。

 

 

以下では代謝アップ効果のある食材を紹介いたします。

 

 

 

 

香辛料を使って刺激的に熱くなる!

 

 

トウガラシ

 

ご存知、体を熱くするスパイスの代表格のトウガラシです。

 

成分のカプサイシンがTRPV1という受容体を刺激して交感神経を

 

活性化させます。

 

 

サプリなどでも使われているトウガラシの類似成分である

 

カプシノイドは辛さが1000分の1ですが、カプサイシンと同様に

 

交換神経を刺激して褐色脂肪細胞を活性化させることが分かっています。

 

 

 

ショウガ

 

冷え性に効果を発揮することで有名なショウガの成分は

 

ジンゲロール、ショウガオール、パラドール、ジンゲロンなどです。

 

 

ジンジャーが身体を温めてくれるのは交感神経が刺激され

 

褐色脂肪細胞が活性化されるからだったんです。

 

 

ショウガの辛味成分は加熱すると増える特性があるので、

 

温かい料理に入れて食べると効果的です。

 

 

 

こしょう

 

こしょうの辛味成分であるピペリンがカプサイシンと

 

同じくTRPV1という受容体を刺激して交感神経を

 

活性化させます。

 

 

こしょうの種類によってもピペリンの量が違って、

 

黒こしょうには特に多く含まれています。

 

 

ピペリンは紫外線に当たると成分が変化してしまって

 

辛味が少ないものになってしまいます。

 

 

光の届かない所で保存するか遮光瓶に入れておけば

 

辛味成分も保たれます。

 

 

 

シナモン

 

シナモンの甘い匂いの成分はシンナムアルデヒドといい、

 

TRPV1を刺激して交感神経を活性化し、熱産生を促進します。

 

 

シナモンは血流を改善する血管拡張効果もあります。

 

さらにシンナムアルデヒドは認知症の原因を抑える

 

可能性があるとも言われています。

 

 

中国ではシナモンの事を桂皮と呼ばれ漢方薬の中に

 

入っています。

 

 

 

 

ワンポイントの薬味系で体も燃える!

 

 

ニンニク

 

ニンニク特有の匂い成分はアリシンなどのイオウ化合物です。

 

アリシンはニンニクに含まれるアリインという成分を切る・擦る

 

などの調理過程でできます。

 

 

ニンニクは褐色脂肪細胞を活性化させて体を温めるだけでなく

 

血管を拡張させ血流を良くします。

 

 

 

ネギ

 

薬味の中ではかなりつかわれる頻度の高いネギです。

 

ネギの辛味や香りの成分もイオウ化合物でできています。

 

 

ネギは体を温める働きの他に、昔から風邪に効くと言われています。

 

ネギの緑のところの粘液は免疫力を高める効果があるんです。

 

白い部分だけじゃなくて緑の部分も余すことなく食べましょう。

 

 

 

果物の香りで褐色脂肪細胞が活性化!?

 

 

グレープフルーツ

 

柑橘系の果物に含まれている成分のリモネンが

 

交換神経を刺激して褐色脂肪細胞を活性化させます。

 

 

グループフルーツの匂いを嗅ぐだけで手足や背中の体温が

 

上昇して褐色脂肪細胞の活性化が確認されたという報告があります。

 

 

匂いを嗅ぐだけで効果を得られるなんてすごいですね!

 

 

 

海産物で脂肪を抑える!

 

 

ワカメ

 

ワカメの色素成分のフコキサンチンが効果があります。

 

 

熱産生たんぱくのUCP1は褐色脂肪組織で増えますが、フコキサンチンは

 

白色脂肪組織でUCP1を増やすことが出来ます。

 

青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸を一緒に摂ると、脂肪が

 

下りやすいという報告もあります。

 

 

 

 

青魚に多く含まれているEPAやDHAは、交感神経の働きを高め、

 

褐色脂肪細胞を増やし食事誘導熱産生を高めます。

 

 

また、たんぱく質は消化・吸収にエネルギーが多く必要となり、

 

エネルギー浪費が高いので食べるだけでおいしい効果があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ